フランスで見つけた古いカフェ

私は先月フランスを旅行したのですが、サン=ドニ街という所に印象的なカフェがありました。

日本でカフェといえば、単にお茶を飲む所というイメージがありますが、フランスでは小さな社交場とでも呼んだ方が良いような、かなり賑やかな雰囲気があります。退職した老人や仕事を終えたおじさん等が、真剣に語り、発想し、意見を言い合う……そういうふうに人々が自由にコミュニケーションを交わす場として、フランスの町にはカフェが存在しているのです。

 

その店の内装も素敵で、まるで一昔前の時代に戻ったかのような、不思議な感覚になれました。温かいコーヒーの香り、ゆっくりと漂うタバコの煙、古いレリーフ模様の絵画の額縁、ゆるやかなカーブを描く飴色の天井。そういったノスタルジックな店内の様子が、まるで自分が映画のワンシーンに入り込んだかのような、心地よい錯覚を起こさせてくれました。

 

日本にある取って付けたような雰囲気のカフェとは違い、本当に人の温もりの感じられる素晴らしいお店でした。あのカフェに行く為だけでも、またフランスを再訪したいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>